2009年10月30日

寝かしつけ後の達成感と幸せ。

久しぶりの更新です。

その後、徐々にねんねのときにぐずることがほぼなくなりました。

ぐずって夜中に起きてしまっても、背中をトントンしてあげながら「目を閉じてみようね。上手に寝れるようになって、スゴイよ。ひとりで寝れるようになったね。パパやママより、先に寝れるなんてホントにスゴイよ」と優しくささやいてあげると、また「スー・・・スー・・・」と落ち着いて寝てくれるのです。

本当に、断乳できたんだなぁ、と実感です。妻も睡眠不足から解放されて、なんとなく活動的で明るくなった気がします。

で、昨晩は父である自分が寝かしつけをしました。寝かしつけには、最近、必ず絵本を読んであげることにして(別に絵本じゃなくてもいいんですが、寝る前の儀式をひとつ作ってあげることで、本人に、これから寝るんだな、という意識をもってもらいます)ます。

そして、その絵本はうちでは定番になっているおとうさんをまって (こどものとも絵本)です。

この本のおかげで、2歳で私を「オトーサン」とか「オトサン」とか呼んでくれるようになりました。ママに対しては「ママ」なんですけどねわーい(嬉しい顔)

いつものようにこの本を読んであげて(妻に、優しく優しく読んであげてと言われ、そうしてます)から、上記のように語りかけをしてあげて・・・

息子はゆっくりと、私の腕の中で、目を閉じて、
スー・・・ スー・・・ と寝息を立て始めたのです。

か、感動!もうやだ〜(悲しい顔)

しかも、夜11時半に寝て朝の8時まで一度も起きなかったのです。

そして、妻が言うには、夜中に寝言で(結構寝言を言うらしい)オトサン、オトサン、と楽しそうに言っていたそうです。

か、感動!黒ハート

可愛いです。
ほんと
可愛いです。

人気ブログランキングへ

posted by チチリーマン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。